HOME » 歯の矯正なんでも相談箱 » 矯正の認定医って?

矯正の認定医って?

このページでは、歯科矯正の専門医と、その認定制度について解説しています。

歯科矯正学会が認める専門医

歯科矯正の認定医や専門医とは、日本矯正歯科学会が認めた矯正のプロフェッショナルのこと。これらの資格を得るためには、長期間にわたる臨床経験、学術誌への臨床報告、審査への合格が不可欠です。そのため、信頼できるドクターを探すなら、このように経験豊富な認定医・専門医を選ぶことも大切でしょう。ここでは、それぞれの資格について具体的に紹介しておきましょう。

認定医

歯科矯正認定証書まず歯科医師になるには、大学の歯学部歯学科(6年制)を卒業する必要があります。けれど、大学を卒業しただけでは、免許は取れても治療能力はほとんどありません。開業するためには卒後臨床研修を1年以上受けないとならないのです。この時点で歯科医師として自由に活動できるようになるのですが、矯正歯科医となるためにはまだまだこれからが大変です。

卒後臨床研修を終えた後に、各大学の歯科矯正学教室に入局することでようやく研修医になれます。そして各指導医の下で、基礎研修を2~3年間行います。さらに基礎研修修了後に、日本矯正歯科学会が認めた臨床研修機関で、最低3年間の臨床研修に臨みます。ここまできて指導医か専門医から認定医試験の受験を認められて、初めて認定医試験を受けられるのです。

認定医となるためには、歯学部6年、卒後研修1年、基礎研修2年、臨床研修3年と、どれだけ早くても最低12年間はかかるわけです。もちろん時間さえかければ資格を取れるというものでもなく、5年ごとの更新時にさまざまなハードルが設けられています。現在、認定医は全国に約3,000名しかいません。

専門医

認定医よりもさらに上位の資格が専門医です。日本矯正歯科学会の会員歴が12年以上で、認定医の資格をもつ会員が専門医試験を受けることができます。臨床家にとっては大変名誉な資格ですが、現在日本に約270名しかいないので近所ではなかなか探すことができません。

安心して歯科矯正を受けるためには?

矯正歯科専門医信頼できるドクターのもとで矯正を行いたいなら、認定医がいるクリニックを近所で探すことが重要です。ただし、この資格を持っているだけでは、安心するにはまだ早いと思います。なぜなら、歯科矯正よりも他の診療をメインに行っているクリニックも多いからです。本当に経験豊富なドクターを見つけるなら、歯科矯正の専門クリニックを選ぶことが大切でしょう。

たとえば豊中にある大阪矯正歯科センター豊中院(クローバー歯科) も、こうした歯科矯正の専門クリニックです。ここは大阪矯正歯科センターに属するクリニックというだけあって複数の認定医を抱えており、患者1人1人についてカンファレンス(症例検討会)を行っているそうです。矯正は高価な買い物になるので、このように安心して任せられるクリニックを選びたいものです。

>>認定医のいる矯正歯科クリニック一覧<<