HOME » 歯の矯正なんでも相談箱 » 矯正に抜歯は必要かを検証

矯正に抜歯は必要かを検証

このページでは、歯科矯正で行われる抜歯について、その実態とメリットデメリットを紹介しています。

矯正治療で行われる抜歯の必要性

歯科矯正治療では、健康な歯の抜歯を余儀なくされることがあります。なぜまったく虫歯でもない歯を抜かなければならないのか、その根拠はどこにあるのか疑問に感じている人もいらっしゃるかもしれません。矯正治療では、この抜歯のことを便宜抜去といいますが、比較的一般的に行われています。

矯正治療で抜歯が必要かどうかの判断は、実際の口の中の状態によって判断します。簡単に言うと、顎の大きさや歯の大きさ、凸凹の程度、唇の状態などを総合的にみて必要があれば抜歯という流れになります。

例えば顎の大きさに対して歯のサイズが大きすぎる、あるいは逆に歯のサイズに対して顎が小さすぎるなどの場合、すべての歯をきれいに並べるにはスペースが足らない場合が多いものです。その場合、歯を並べるためのスペースを何らかの方法で作ってやる必要があります。そのため最も影響の少ない歯を抜歯してスペースを作ります。あるいは、凸凹に並んでいて唇を閉じることができない、あるいは唇の形が歪んでいるなどのケースでも抜歯をお勧めすることがあります。

抜歯をすることによってきちんとしたスペースが確保されるため、計算されたきれいな歯並びが実現できます。ただ、歯を抜くということは患者さんにとっては少なからず負担がかかることは間違いありません。抜歯という外科処置によるリスクもあることは忘れてはいけないでしょう。

抜歯をしない矯正治療

最近では、抜歯せずにできる矯正治療を行う歯科医院もあります。床矯正などがそれに当たります。床矯正では、入れ歯のような着脱式の装置を上顎や下顎の内側に着けることで顎の骨や歯の並び方を広げる方法です。つまり、凸凹の歯がきれいに並ぶためのスペースを作るために、顎の骨を広げたり歯の並び具合を広げることで対応するものです。

従来のワイヤーを使った矯正よりも安価でできることもあって、気軽に始められる矯正として認知度も高くなっています。

抜歯をしなくていいという面から見ると、患者さんの負担は相当軽減されます。ただ、上顎は顎の骨が広がることは証明されているものの、下顎は広がりにくいため実際には歯の並びが外に広がるだけだとされています。そのため将来的にせっかく広げた歯が後戻りしたり、噛み合わせが変わってしまう、前歯の歯茎が下がってしまった、などのトラブルが起こることもあるようです。

抜歯をしない矯正は、あくまでも「ある程度」きれいにする矯正治療と考えた方が無難です。