HOME » 歯の矯正なんでも相談箱 » 矯正費用はどのくらい?

矯正費用はどのくらい?

このページでは、歯科矯正の治療費相場を紹介しています。

歯科矯正にかかる治療費の目安

それでは、さっそく費用の相場を見ていきましょう。ただし、歯の状態や治療回数、治療方法などによって費用はかなり増減します。そこでまずは、事前のカウンセリング(無料のクリニックもあります)で費用の概算を確認しておくと良いでしょう。

~治療費の相場~

矯正基本料:60~100万円前後
「大人なのか子供なのか」「どのような方法で治療を行うか」などによって大きく変わります。マウスピース矯正の場合、型代もこれに含まれる場合が多いです。ただし、インプラント矯正の場合は装置・手術費が別途必要になります。

カウンセリング料:1,000円~3,000円前後
それぞれの希望や不安を、ドクターが聞いてくれます。無料で行っているクリニックも多いので、まずは気軽に予約してみると良いでしょう。

診査・診断料:4,000円~3万円前後
レントゲンや歯型を取ったり、血液検査をしたりします。初診料も含まれます。

調整費:3,000円~4,000円前後(1回につき)
歯科矯正は定期的にクリニックに通い、ワイヤーなどを調整する必要があります。毎回の通院ごとにかかってくる場合が多いので注意してください。

check治療費で比較した豊中周辺の矯正歯科BEST>>

矯正基本料の詳細

上記の内、治療費の大半を占める矯正基本料は、前述したように治療方法によってかなり幅があります。そこで、各治療法ごとの相場もまとめてみましたので、よろしければ参考にして下さい。

成人矯正(上下全歯)

  • ワイヤー矯正:60~100万円
  • 審美矯正:70~120万円
  • 裏側矯正:100~150万円
  • デーモンシステム:70~100万円
  • インビザライン:80~110万円
  • クリアアライナー:30~60万円

小児矯正(上下全歯)

  • ワイヤー矯正:30~60万円
  • 審美矯正:40~80万円
  • 裏側矯正:50~100万円
  • デーモンシステム:50~80万円

インプラント矯正

  • 装置・手術費:3~8万円/1本

その他

  • 部分的な矯正:5万円~
  • 外科矯正:100~200万円(保険適用の場合:50~60万円)

医療費控除について

歯科治療にかかった費用(美容矯正は対象外)も、医療費控除の対象になります。見逃してしまうのはとてももったいないので、確定申告の際に必ず申告するようにしましょう。領収書が必要になるので、大切に保管しておいてくださいね。

医療費控除の対象になるのは、1年間に支払った治療費の中で、10万円を超えた部分になります。歯科矯正の場合、数年にわたって治療が行われたり、分割で支払う場合が多いので、注意が必要です。年をまたいだ分割払いは、一括払いよりも控除額が少なくなってしまうからです。

ちなみに、実際の還付額は下記の計算式で算出できます。
(治療費-10万円)×所得税率