HOME » 歯の矯正なんでも相談箱 » 矯正と審美の違いは?

矯正と審美の違いは?

矯正治療と審美治療の違いについて説明しています。

矯正治療と審美治療の特長

「きれいな歯並びにしたい」と考えている人は、矯正治療か審美治療のいずれかの治療を受けると希望がかなうでしょう。どちらも歯並びをきれいにする治療ですが、どのような特長があるか調べてみました。

  • 矯正治療
    いわゆる歯列矯正をする治療です。ワイヤーのような器具を歯に接着したり、マウスピースのような取り外しができる装置を使用して治療します。ゆっくりと少しずつ歯を動かして、きれいにしていくのが矯正治療の特長です。治療期間は、数年かかると思っておいてください。
  • 審美治療
    審美治療の特長は、口元全体のバランスを考えて歯を美しく見せることに重点をおいていることです。健康な歯の神経をとって、セラミックをかぶせる治療。また、歯の表面を削ってつけ爪のような人工の歯を貼り付けて、歯並びをきれいにしていく治療などがあります。歯を白くするホワイトニングも行います。治療期間は短くてすむことが多いようです。

違いを簡単に説明すると、矯正治療は「歯並びやかみ合わせを整える治療」。審美治療科は「歯の色や形を整える治療」となるでしょう。

どちらを選べばいいのか?

矯正治療と審美治療の違いは、わかりましたか?では、どちらの治療を受ければ良いのか、迷うところではないでしょうか?

それぞれ、メリット・デメリットがあります。

矯正治療のメリットは、健康な歯を削らずに歯並びをきれいにし、かみ合わせがよくなることです。また歯磨きがしやすくなり、歯の寿命が延びるということもあげられます。

デメリットは時間がかかることと。また、歯に装置をつけるので、見た目が悪くなることなどです。最近では歯の裏側につけることもできるようなので、歯科医に相談すると良いでしょう。健康面を重視するなら、矯正がいいかもしれません。

審美治療のメリットは何と言っても、美しい歯並びと白い歯を手に入れられること。それによって得られる自信は、計り知れないものがあるのではないでしょうか。今まで歯並びの悪さを気にして、人前で笑えなかった人は人生感が変わるかもしれません。

デメリットは歯を削ったり、神経を抜いたりして本来の自分の歯を失うことです。一度抜いた歯はもとに戻らない、ということも理解して治療を考えましょう。美容面を重視するなら、審美治療が良いかもしれません。

いずれにしろ、一生に関わる治療です。歯科医のカウンセリングを受け、詳しい説明を聞いてから決めるのをおすすめします。