豊中の矯正歯科クリニック比較ガイド HOME » 歯の矯正なんでも相談箱 » 綺麗な歯と成長しよう!子供に矯正するメリット5つ

綺麗な歯と成長しよう!子供に矯正するメリット5つ

1・虫歯や歯周病の予防が可能

歯並びが悪いと、歯ブラシが届きにくい場所ができることがあります。この場合頑張ってこまめに歯を磨いていても磨き残しができやすいため、虫歯になりやすくなります。
また、磨き残しによりプラークが溜まり、歯周病を起こしてしまうこともあります。
虫歯も痛いものですが、歯周病は、歯茎の腫れや出血、口臭を伴うため、お子さんにとっては苦痛となります。
綺麗な歯並びに整えることで磨き残しはできにくくなり、歯周病も防ぐことができます。

さらに、綺麗な歯を維持する習慣を子どもの時から付けることで、大人になっても歯の健康に注意する習慣を保てる可能性が高くなります。

2・永久歯の矯正も簡単になる

まだ永久歯が生えそろっていないお子さんの場合は、永久歯が正しい位置に生えてくるように顎の調整をしてコントロールすることが可能です。

このように事前矯正をして整えておけば、永久歯が揃ってから行う本格矯正は技術的にも時間的にも軽くなり、本人の負担もやわらぎます。
場合によっては、自然と綺麗に永久歯が生えそろい、矯正が必要なくなることもあります。

3・正しい発音や口内の正常な機能を回復

出歯や八重歯など歯並びの悪さや幼児期の指しゃぶりなど舌の動かし方の癖、また、口周りの筋肉のバランスが悪いと「滑舌が悪い」「特定の音の発音がしづらい」などの現象が起こることがあります。
他にも、食べ物や飲み物をこぼしやすくなったり、固いものをよく咀嚼できないことや無意識に口を開けたままにしてしまう「開咬癖」など、口内のバランスの狂いは傍目から見ても分かるほど大きな影響を及ぼします。

癖というものは時間が経てば経つほど抜けづらくなっていきます。
早期に癖を改善すると共に歯科医院などの指導で口周りの筋肉や舌の動きのトレーニングをします。
これによって、上下の歯の嚙み合わせバランスも自然と整えられていきます。

子どもの時期に治しておくことは、大人になってからの口内だけでなく、身体全体の健康のためにとても重要です。

4・顎の成長やバランスをコントロールできる

顎の成長途中の時期は、歯並びや癖を改善して顔やあごのゆがみを整えるのに絶好の時期です。
成長が終わってしまうと、調整は非常に難しくなります。
調整せずに放置してしまうと、顎関節症などの手術が必要な疾患を抱えて大人になってしまうこともあります。

顔や顎のバランス調整は、成長期の子どもにしかできない矯正なので、早期に矯正をしてあげましょう。

5・見た目に対するコンプレックスを解消してあげられる

思春期に入る時期の子どもは自分の外見に敏感になります。
顎が出た顔(しゃくれ)、受け口などお子さんにとってコンプレックスとなり精神的負担を強いるものです。
さらに、出歯や歯並びが悪かったり、開咬癖、顎のバランスの歪みなどは、見た目の印象を悪くする可能性もあります。

健やかで楽しい思春期を送れるよう、できるだけ早い時期に矯正をしてあげましょう。

豊中で評判の良い

矯正歯科

厳選集

比較結果を見る