HOME » 歯の矯正なんでも相談箱 » 治療にかかる期間は?

治療にかかる期間は?

このページでは、矯正治療にかかる期間について解説しています。

矯正期間の目安

治療にかかる期間は、歯並びの状態や年齢、治療方法などによって大きく変わってしまいます。詳しくは担当ドクターに確認しないと分りませんが、参考までに目安を紹介しておきましょう。歯列矯正のイメージ

  • 抜歯不要の簡単な治療:半年~1年
  • 一般的な治療:1~2年
  • 大きく歯を動かす治療:2~3年

※上記の他に、治療後の保定期間(1~数年)がかかります。

通常のワイヤー治療なら1年半で終わる治療も、見た目を気にして裏側矯正を選んだために2年半に伸びてしまう…といったことも考えられます。大切なのは、見た目や痛みへの希望と、治療期間とのバランスではないでしょうか。それを考慮して、あなたに最適な治療法を選ぶようにしてくださいね。

矯正治療の流れ

それでは次に、歯科矯正の治療の流れを紹介します。クリニックによって多少の違いはありますが、大抵は次のような流れで治療が行われます。

治療前

初診・カウンセリング
クリニックに初めて行くと、まずはカウンセリングが行われます。それぞれの希望や不安などをドクターが聞いてくれて、矯正治療についておおまかに話を聞くことができます。

検査
レントゲンや歯型をとることで、1人1人異なる歯並びをドクターが把握します。そのうえで、あなたの歯がどのような状態なのかを説明してくれます。

治療計画の説明
検査結果から具体的な治療方法が見えてきたら、ドクターから説明を受けます。治療期間や治療費についても提示してくれるので、納得のいくまで話し合いましょう。

治療中

虫歯・歯周病・抜歯
虫歯や歯周病がある場合、まずはそこから治療します。矯正中は虫歯を治せない場合が多いからです。また、歯を動かすために抜歯の必要がある場合も、矯正前に歯を抜きます。

矯正装置の装着
矯正装置を数回にわたって装着していきます。初めは締め付け感や噛んだ時の痛みが気になることもありますが、徐々に解消します。

定期通院(調整)
月に1度程度クリニックに通い、ワイヤー調整などを行います。また強制の進行具合もチェックします。

治療後

保定
矯正が完了したら装置を外します。その後は、動かした歯が後戻りしないように、きれいな歯並びを安定させる「リテーナー」という装置を入れます。これは取り外し可能で、矯正装置と違って抵抗はほとんどありません。この期間にも2~6ヶ月に1度程度の通院が必要になります。

治療を早く終わらせるためには?

なるべく治療期間を縮めたいなら、通常よりも最大約2倍のスピードで歯を動かせる「デーモンシステム」などで治療を行うこともできます。また、歯並びの状態によってはセラミックの歯をかぶせるだけの「クイック矯正」もあります。これなら通常よりも圧倒的に治療期間を短縮できます。

基本的には、なるべく治療期間が短くなるようにドクターが考えてくれます。けれど、クリニックによっては治療方法の幅が狭かったり、デーモンシステムの経験が浅かったりします。そのため、必要以上に治療期間が長くなってしまうこともあるようです。クリニックを探す際には、治療方法が多い所を選んでおく方が絶対に有利だと思います。

>>豊中近郊の矯正歯科クリニック一覧<<