HOME » 最新の矯正方法を徹底調査 » デーモンシステム

デーモンシステム

このページでは、最新の矯正治療法「デーモンシステム」について解説しています。

痛みが少なく、治療が早いデーモンシステム

デーモンシステムの治療イメージ 矯正基本料 80~100万円(上下全歯)
検査・診断料 3~10万円
ワイヤー調整料 3千~1万円/1回
治療期間の目安
  • 半年~2年(ワイヤー治療よりもはるかに早いです)
  • 通院は2カ月に1度

痛みが少なく、治療期間が短いと話題になっている治療方法が「デーモンシステム」です。実は「弱い力ほど歯はよく動く」という原則が数十年前から分かっていたのですが、今までは技術的に難しかったのです。それを実現したのが、アメリカの矯正歯科医のデーモン博士。おかげで短い期間で、痛みも少なく治療できるようになったわけです。

従来の矯正装置とは異なり、ブラケットに直接ワイヤーを縛りつけず、ブラケットに付属するシャッターを閉じるだけです。おかげで、摩擦力は1/600に軽減。そのため、歯がよく動く最適強制力(歯根1平方cmあたり80g以下)での矯正が可能になりました。

また、デーモンシステムでは“ハイテクワイヤー”というワイヤーを使っていますが、27℃以上で活性化されると矯正力を発揮し続けてくれます。「持続的な力ほど歯がよく動く」というもう一つの原則も、この特別な形状記憶合金がかなえてくれるのです。

デーモンシステムのメリット・デメリット

世界中で高い評価を受けているデーモンシステムですが、ブラケットの半分は金属なので、審美性に欠けているところが唯一の弱点です。下にメリットとデメリットを紹介しておくので、参考にしてみてください。

【メリット】

  • トータルの治療期間が、ワイヤー治療よりもはるかに短い。
  • 通院回数が少ない。(2カ月に1度程度)
  • 弱い力のワイヤーから始めるので、痛みが少ない。
  • ワイヤーの交換が早く、1回の治療時間が短い。
  • 歯が全体的に動くので、抜歯する確率が減る。
  • 歯周組織がきれいになる。
  • ヘッドギアなどの補助装置を使う確率が大きく減る。

【デメリット】

  • ブラケットの半分はセラミックだが、もう半分は金属のため、審美性に欠ける。

審美性に欠けるといっても、ワイヤー治療と変わりません。それよりも、痛みの少なさと治療期間の短さはとても魅力的ですよね。デーモンシステムをお望みの方は、なるべく治療方法の多いクリニックに行くことをおすすめします。

>>豊中市内でデーモンシステムが得意なクリニックを探す<<