HOME » 最新の矯正方法を徹底調査 » 裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)

このページでは、治療中も美しい見た目を確保できる裏側矯正について解説します。

裏側矯正の費用相場

裏側矯正の治療イメージ 矯正基本料 100~150万円(上下全歯)
検査・診断料 3~10万円
ワイヤー調整料 3千~1万円/1回

「矯正はしたいけど、見た目に抵抗があって…」という方に人気なのが、裏側矯正(舌側矯正)です。名前の通り、歯の裏側に装置をつけるので、他人と話している時にも相手から気付かれないのです。フライトアテンダントやショップ店員など、職業上外側に付けられない方から近年とても好評だそうです。

費用はだいたい上下で100~150万円(通常の表側矯正が80~100万円)と少し高めで、治療期間も通常よりも少し長くかかってしまうのが難点。けれど、最近は新しい装置が開発されて、通常の矯正と同じくらいの期間で治療できるようになっているようです。

裏側矯正のメリット・デメリット

裏側矯正のメリットは、何と言っても

  • 装置を歯の裏に付けるため、表からは矯正していることが分からない。

ことでしょう。

一方、デメリットも紹介しておきましょう。

  • 歯の裏に装置があるため、違和感がある。(“S”の音が発音しにくいetc)
  • 治療期間が比較的長くなりがち。
  • 歯をきれいに並べることが比較的難しい。
  • 治療費が高め。
  • 矯正中は虫歯になりやすいので、歯のケアに注意する必要がある。
  • 稀に歯根吸収が起きて、歯の根っこ部分が溶けてしまうことがある。

ただし、クリニックによってはこれらが改善された最新装置を使っていることもあるので、詳しくは聞いてみると良いでしょう。

最新の裏側矯正~アイブレイス(インコグニート)

私も治療に使ったのですが、世界最新の裏側矯正法に「アイブレイス(インコグニート)」というものがあります。従来のものとは根本的に異なって、ブラケットもワイヤーもオーダーメイド。上で紹介したようなデメリットが大きく改善されています。

アイブレイス矯正の動画まず、ブラケットが2mm以下ととても薄いので違和感が激減しています。従来の裏側矯正は「話しにくい」「食べにくい」という声もあったようですが、私がアイブレイスを経験した限りではほとんど気になりませんでした。それから、最大の欠点だった仕上がり具合が大幅に改善され、治療期間も10~15%短縮されたようです。このような理由から、ヨーロッパでは「もっとも優れた舌側矯正」として知られ、今では世界中のドクターから注目されているのだとか。

こうした最新の装置さえあれば、他人から見えない裏側矯正はとてもおすすめです。ただ、アイブレイスを扱っているクリニックは限られるので、気になる方はこちらのクリニックなどで相談してみるとよいでしょう。