部分矯正

低コストで治療が受けられる部分矯正の相場や特徴、メリット・デメリットについて紹介しています。

部分矯正の費用相場

部分矯正の画像 矯正基本料 30~55万円(上下前歯)
検査・診断料 3~5万円
ワイヤー調整料 3千~5千円/1回

部分矯正(歯列矯正)は、前歯の部分だけに矯正装置を付け、歯の治療を行います。裏側矯正などの全体矯正は、2~3年の治療期間を要しますが、部分矯正は半年~1年以内で治療が終了するのです。クリニックでは、1ヶ月に1度の通院を勧めています。

費用は、全体矯正の約3分の1しか掛かりません。そのため、低コストで治療を受けたい方や相手から見える部分だけを治したい、という方にオススメです。

治療法としては、主に右の犬歯から左の犬歯までの6本の歯に矯正装置(クリアブラケット)を付け、歯列をワイヤー矯正します。場合によっては、歯と歯が隣り合う面にある、エナメル質を削って隙間を作って歯列を矯正するのです。半年ほどで見た目が変わってくるそうです。

部分矯正のメリット・デメリット

部分矯正のメリット・デメリットについてまとめてみました。

【メリット】

  • 出っ歯、八重歯、すきっ歯、反対咬合(受け口)などが改善される。
  • 前歯だけの部分的な矯正なので、矯正装置による痛みの負担が少ない。
  • 咬み合わせが大きく変わる事による、トラブルがほとんど無い。
  • 矯正装置が小さいため目立ちにくい。

【デメリット】

  • 上下全体の咬み合わせを考慮する事は難しい。
  • 全体矯正の仕上がりよりかは劣ってしまう。
  • 出っ歯の状態によっては治りにくい場合がある。
  • 歯並びがひどく悪かったり、咬みあわせが大幅にズレている場合は、治療が受けられない事がある。